<学校飼育動物愛護支援事業実施要領>

1.目  的

 近年、動物愛護思想の高揚や学校における動物飼育がますます盛んになってきている。

一方で、動物飼育管理に関する知識の不足から思わぬ事故や虐待事件が発生し、社会問題となる例が全国的に見聞される。このため、教育現場における情操教育や、動物の生命の大切さを体得させることが強く望まれている。本県においては、福島県みずから小学校への獣医師派遣事業を立ち上げ、その成果を上げているところである。

本会として当該事業を支援するとともに、学校における飼育動物の健康と生命を守るため獣医療を提供し、健全な動物愛護精神の啓発と高揚に寄与することを目的とする。

2.事業の名称

  学校飼育動物愛護支援事業

 

3.事業主体

  公益社団法人福島県獣医師会

 

4.事業の概要

  1)事業の範囲

    動物の診察と治療(去勢・避妊手術および予防は除く)

  2)対象施設県内の小学校および幼稚園並びにこれに類する施設(「学校等」という)

  3)対象動物の種類

    学校で飼育されている動物。ただし、家畜として飼われている動物、いわゆる産業動物は除く。

  4)担当獣医師

   (1)本会の会員であって、本事業の趣旨に賛同し、あらかじめ本事業に登録された獣医師で、
      診療施設を開設している獣医師もしくは同施設に従事している獣医師がこの事業にあたる。

   (2)学校等は直接、前記(1)の獣医師に依頼するものとする。

  5)診療費の助成

    本会は、担当した獣医師の診療に要した経費に対し、次の区分により助成する。

   (1)初診から転帰までを1件とし、診療費総額の二分の一を助成し、その上限は1万円とする。

   (2)同一の傷病で複数の頭羽数を診療した場合は、1件として扱う。

 

  6)診療料金の設定

    診療料金は、担当した獣医師の裁量による金額とする。

 

  7)助成金の請求

    担当した獣医師は転帰後1か月以内に、別に定める業務報告書を本会に提出し、
    この報告書をもって請求書と見なす。

 

  8)助成金の支払

    会長は、獣医師より提出された業務報告書を審査し、適正と認めた場合は速やかに助成金を

    当該獣医師に支払う。

 

  9)事故発生時の責任

    診療に当たっては、インフォームドコンセントを徹底し、事故やトラブルの防止に努めるとともに

    万一、診療等に起因した事故が発生した場合は、当該獣医師の責任に帰する。

 

5.予算および経理

  この事業に要する経費は一般会計で処理し、予算は毎年度の総会で承認を受けるものとする。

 

6.その他必要な事項は、実施細則で定める。

附  則

1.この要領は、平成12年10月1日から施行する。

2.この要領は、平成15年4月1日から施行する。(第4の5)改正)

  ただし、経過措置として平成15年3月31日以前に診察したものであって、平成15年4月1日以降に

  報告のあったものについては、旧要領を適用する。また、年度をまたがって継続診療した場合は、

  3月31日までの分と4月1日以降の分に別けて報告するものとする。

3.この要領は、平成25年4月1日から施行する。(第5削除の改正)


<動物愛護支援事業実施細則>

動物愛護支援事業実施要領を円滑に運用するため、細則を定める。

 

第1.本事業で実施する診療の内容は、動物愛護支援事業実施要

   領(以下、要領という)

   1に定める診療および治療に限り、去勢・避妊手術(以下病気に

   よるもを除く)ならびに管理指導などの予防措置は、この事業の

   対象としない。

 

第2.要領2に定める対象施設は、福島県内の施設であって、原則

   として市町村立の施設とする。

 

第3.要領4に定める獣医師の登録申込は年間随時受け付ける。

   ただし、名簿の作成は、年1回とする。

 

第4.本事業に使用する薬品資材等は、担当する獣医師の負担と

   する。

 

第5.本事業による診察・治療にかかる代金は、施設から徴収しな

   い。

 

第6.本会に提出する文書および本会から発する文書は、原則として

   支部長経由する。

 

第7.その他、必要事項が生じた場合は、その都度会長が定める。

 

 

附  則

この規程は、平成12年10月1日より施行する。

ダウンロード
学校飼育動物愛護支援事業 登録申込書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 69.4 KB
ダウンロード
学校飼育動物愛護支援事業 業務報告書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 82.1 KB