<身体障がい者補助犬愛護支援事業実施要領>

 

(目  的)

 第1条 身体障害者補助犬法が施行され、補助犬を使用する障がい者が補助犬に狂犬病予防接種および検診を受けさせるべき努力義務が生じていること、補助犬の希少価値が増幅していること等に鑑み、補助犬が健康・長命に飼養され、活躍できるよう、狂犬病予防接種の獣医療を提供して補助犬の健康を支援するとともに、人と動物の共通感染症の予防に寄与する。

(事業の名称)

第2条 身体障がい者補助犬愛護支援事業

 

(事業の概要)

第3条

      1)事業の範囲

           身体障がい者補助犬に対する狂犬病予防ワクチンの接種

      2)対象犬

           身体障がい者が飼養する公認の(身体障害者補助犬法第四章

          第12条の規定で表示・提示される)補助犬

      3)事業実施獣医師

          本会の狂犬病予防注射事業担当会員

      4)経費の負担

         身体障がい者の申し出により、公認の身体障がい者補助犬に対し、狂犬病予防ワクチン接種を行った

        場合、狂犬病予防ワクチン接種料金を本会が負担する。

      5)実施報告 

        実施獣医師が、実施1ヵ月後までに、別に定める実施報告書を本会に提出する。

      6)事故発生時の対応

        ワクチン接種に当たっては、当該犬が希少・貴重な存在であることに鑑み、特にインフォームド

      コンセントを徹底し、事故およびトラブルの防止に努め、万一、当該犬にワクチン接種に起因する

      事故が発生した場合は、狂犬病予防注射事故対策要領により対処する。

  

附 則

    1 この要領は、平成17年4月1日から施行する。

   2 この要領は、平成25年5月9日から施行する。(一部改正)


ダウンロード
身体障がい者補助犬愛護支援事業実施報告書.pdf
PDFファイル 72.9 KB