* ペットに与えてはいけないもの

<食べ物>
タマネギ
ネギ
ニンニク
チョコレート
サケ
生の川魚

<薬など>

洗剤・石けん

殺虫剤

消毒剤

殺鼠剤

各種の薬剤

除草剤

<その他>

重金属(鉛など)

熱冷まし発布剤および車のラジエーター

一部の木および観葉植物

ヒキガエル

 



* 病気を予防するために

人間より老化のスピードが早く(人とペットの年齢比較表はこちら)、一見健康そうに見えても何らかの病気が進行している事があります。老化による変化には、歯の衰え、関節、皮膚、内臓の機能低下などがあり、種々の疾患や感染症にもかかりやすくなりますので、年に1~2度の健康診断をお勧めします。(成長時期に応じておすすめする健康診断の内容はこちら

予防注射で防げる病気

狂犬病(必須、詳しくはこちら

ジステンパー

犬アデノウィルス1型・2型感染症(犬伝染性肝炎)

犬パラインフルエンザ(ケンネルコフ)

犬パラポウィルス感染症(パラポ)

犬レプトスピラ症

個体差はありますが、一般的に現在では生後8週目と12週目、16週目で受けるのがよいとされています。

また、注射で得られた免疫は徐々に消えるので、その後は1年ごとに追加接種を受けるのがよいとされています。

お近くの動物病院にご相談ください。